Date

看護師の日々の生活日記

日常の出来事を綴っています
Breast Cancer Ribbon

Archive for the ‘ヘアケア’ Category

ヘアアレンジが髪を傷める原因に

posted by:

女の子はいつでも可愛くいたいもの。

ヘアアレンジで印象はかわり華やかになりますよね。


ただ髪へのダメージも深刻です。

コテやヘアアイロンの熱ダメージはもちろん、ヘアピンによる地肌の傷、ヘアスプレーで固めた髪を洗うときに髪が抜けてしまうのも珍しくありません。


だからといって一生アレンジをしないわけにもいきません。


結婚式や華やかなパーティーにはやはり綺麗にしていきたいもの。

今回はヘアアレンジをする際の注意点をお話します。



まず、コテ、ヘアアイロン、カーラー等熱源を使用するものは極力短時間で済ます。
髪が熱で傷むのはみなさんご存じだと思いますが温度よりも時間をかけるほうが髪を傷める原因なのはご存知ですか?


故にプロは高温でさっと済ませます。

できるなら縮毛矯正やパーマを利用するほうがよりよいでしょう。



そしてヘアスプレー。
ガチガチに固める、なんてことはそうそうないでしょうが、ガチガチに固めてしまった、固めなくてはいけなかった、そんな時普通に洗ってもなかなか落ちないでしょう。

髪が抜けた、切れたなんて悲惨なことになる前に。


まずシャンプーの前にコンディショナーをたっぷりとつけてください。
手櫛をするようにもみこんだあとそのままシャンプーをして流したあともう1度コンディショナーを。


これで切れることなく綺麗に洗い落すことができます。


髪を大事にしながらおしゃれを楽しみたいものですね。


ヘアカラーのトーンをかなり落としてみました

posted by:

ここ何年か、髪の色は明るめにしていたのですが、

少し暗くしてみよう、と思い、いつもの美容院に行きました。

 

トーンを3段階くらい落として、地毛に近いくらいの暗さに

してもらったのですが、10日ほどすると、あっという間に

色が抜けてしまい、1ヶ月もすると「元の色はどこにいったの?」と

いうくらい明るくなってしまいました。

 

仕方がないので、再度カラーをお願いしに美容院にいったところ

担当のスタイリストさんに「髪質のせいだと思うんですけど

黄色く抜けやすいみたいですね」とのこと。

 

いつもは、レッドとかピンク、バイオレット系の色から

髪のトーンを決めていくのですが、今回は真逆の

ライムやブラウン系(寒色)にすることにして、色が抜けても

前のように黄色くならないようにしてみようということになりました。

 

それから10日たちましたが今のところ、カラー後の退色はそこまで

ひどくないように思えます。

ただ、一気に真逆の色合いにしたことで、メイクのかんじや

選ぶ服も、少し変えていかないと合わない気がしてなりません。

 

いろんな意味でのカラーコーディネイト、難しいですね(笑)